俺屍プレイ日記へっぽこ当主編

PSP用ゲーム「俺の屍を越えてゆけ」のプレイ日記です。




--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント:

コメント:を投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック:

TB*URL

皆様、お疲れ様です。

俺屍プレイ日記 いよいよ69回目でございます。


始める前に一言。
本日、当ブログを俺屍のデザイナーである桝田省治さんが、Twitterにて紹介してくださいました。
(アクセスカウンタぶっ壊れたかと思いました)
俺屍プレイヤーとしては光栄の極みです。 ありがとうございます。
このブログが俺屍プレイヤー増加に貢献できたらいいな!


それでは、今回もよろしくお願いします。

oreshika_0019_20120102162357.jpeg

ついにすべての部門へ投資が終了。
京の都の復興を待つと共に、最大の憂いを絶つため、いざ出陣です。

※本編ラストのため、ネタバレ満載です。 ご注意ください
 
1030年12月

目標としていた朱点童子討伐決行月です。

万難を排して望むため、もしもの時があった場合に血脈をつなぐ、
12代目当主の来訪を待って突撃。

oreshika_0018.jpeg

久しぶりの男の子、そして青髪です。 忍さん以来か?
素質も十分、好物も時代に沿ったもので一安心。

祥吾くんと名づけます。 もしもの時は頼んだよ・・・!

そして最終メンバー決定。 以下の方々になりました。

oreshika_0145_20120102162356.jpeg

笑子さん(壊し屋)・すみれちゃん(剣士)・朱実ちゃん(踊り屋)・沙織ちゃん(壊し屋)。

壊し屋の割に術を極めたベテラン、笑子さんを筆頭に、攻撃力を重視した選択。
やっぱり脳筋力押しがやりやすい。
壊し屋親子の奥義併せとかうまく発動できたらいいな!

能力値はこんな感じです。

oreshika_0146_20120102162356.jpeg

欲を言えば、当主すみれちゃんの体の火がもっと欲しかったところですが、梵ピンで補います。
防御力がちょっと不安ですが、術防御は太照天で何とかしましょう。 何とかしましょう。

大甘露をはじめとした回復アイテムも忘れずに持って、いざ

イツ花「とっつげきぃ~~~!!!」

oreshika_0839_20120102164425.jpeg

oreshika_0020.jpeg

ついに来てやったぞ黄川人! そのツラぶん殴ってやるから覚悟しとけよコノヤロウ!!

さらに奥に進み、いざ決戦へ。 すると

「やあやあ、久しぶり!
 長きイバラの道を自ら選び、ここまでやって来た君たちの意気地、実に素晴らしい!!」


黄川人と、その横には囚われになっているひとりの女性が。

oreshika_0028_1.jpg

そして黄川人は語ります。 これまで、一族が戦ってきた鬼たちの正体について。

ΩΩ Ω< な、何だってーー!!

oreshika_0032_1.jpg

コレまでの中でも最大級の衝撃的事実をあっさりと述べ、「母さん」を紹介する黄川人。

おのれ・・・ おのれ黄川人め!!  許さんぞ、覚悟しろ!!

「母さんの前だ、 今日はいいとこ見せないとな・・・。
 い~く~ぜぇッ!!」


oreshika_0037_20120102164424.jpeg

oreshika_0044_20120102172258.jpeg

黄川人&八ツ髪とのバトルです。

ボスが2体いるというのはなんとも恐ろしいもので、黄川人・八ツ髪それぞれが
強力な全体攻撃を仕掛けてきます。
黄川人の雷獅子と八ツ髪の吐く火や氷を連続で食らったらかなりヤバい。
卑弥子でも回復しきれません。

また、厄介なことには状態異常も得意。 八ツ髪は寝太郎、黄川人は「封印の呪い」という、
全体に光無し効果があるチート技を使ってきます。
確か片羽ノお業様も似たような技を使ってきたな・・・。 さすが親子。

封印 → 睡眠 のコンボを食らってしまったら、まさに「ゆっくり死んでいってね!」状態。
早い段階での回復、それともしもの時の神仙水も欠かせません。

oreshika_0043_20120102164424.jpeg

八ツ髪さんの上で余裕のよっちゃんな黄川人の図

ただ、幸いなことに、どちらか一方でも撃破すれば戦闘終了となります。
太照天で全体攻撃への防御力を高め、あとは梵ピン、速鳥。
石猿も時々かけて、アンラッキーが起こらないよう努めます。

踊り屋朱実ちゃんは完全に補助術担当。 後の3人で攻撃、体力が減ったら早めに大甘露。

oreshika_0045_20120102173238.jpeg

そしてついに撃破。

「母さん」を救い出し、帰路につこうというところで

「アハハハハハハハハ・・・・」

黄川人は生きていました。 そして驚くべき方法でパワーアップを果たし、
再度一族に襲いかかります。

oreshika_0070_1.jpg

なんと禍々しい・・・。
しかも攻撃力は相当高く、魔王陣などを食らえば500~600ダメージに登ることも。

oreshika_0071_20120102174053.jpeg

通常攻撃でも一撃で700ダメージを食らうため、体力は維持していなくてはいけません。
笑子さんを回復役に回して波状攻撃に耐えつつ、攻撃はすみれちゃんと沙織ちゃんに。
天ノ羽鎚があってよかったと心から思います。

長く苦しい戦いの果て

oreshika_0074_1.jpg

撃破。 悲願達成です。 一族のみんな、本当によくガンバってくれた・・・!!

倒れた黄川人。 そこに1柱の女神が舞い降ります。

oreshika_0076_20120102175242.jpeg

そして、今まで俺屍にのめり込んだプレイヤーほど「え!?」と言いそうなセリフを残し昇天。
これまでの一族の歴史を顧みつつ、エンディングです。

oreshika_0132.jpeg

とりあえず、ぶん殴ってやるリストに追加人数があったことを報告いたします。
黄川人・黒幕・最後に来た女神・エンディング歌う人 ←new!)
ラストの荘厳な雰囲気を良い意味でぶっ壊してくれました。

黄川人もイツ花さんも飛び入りで歌ってるし。 誰か止めなかったのか・・・


それでは皆様、ここで本編終了となります。
今までお付き合いくださいまして、本当にありがとうございました。

次回からは番外編、通称「裏京都」モードとなります。
クリア後のお話ですので、完全ネタバレでお送りさせて頂きます。
大丈夫だよ! という方は、次回からもよろしくお願いいたします。

おや? エンディングの ようすが・・・!?

oreshika_0083_20120102180609.jpeg

コメント:

コメント:を投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック:

TB*URL

Copyright ©俺屍プレイ日記へっぽこ当主編. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。