俺屍プレイ日記へっぽこ当主編

PSP用ゲーム「俺の屍を越えてゆけ」のプレイ日記です。




--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント:

コメント:を投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック:

TB*URL

皆様、お疲れ様です。

俺屍プレイ日記、第63回目です。

今回もよろしくお願いします。

oreshika_0724.jpeg

すっかり上げるのを忘れてましたが、当主ノ指輪の性能。
始祖様の力は、こんなところでも一族を守ってくださっているのです。

※大江山クリア前の方は、ネタバレを含んでおりますのでご注意ください
 
1029年2月

交神月です。 今回は踊り屋喜久子ちゃん。

お相手は、五郎さんズの一角

oreshika_0818_20111225121407.jpeg

雷電五郎様にお願いいたします。 太刀風五郎様の時と同様、スクショに失敗。

oreshika_0819_20111225121406.jpeg

相当歯磨き推しですね・・・ ご心配なく。 九重楼の時から欠かしていませんよ!


そして、壊し屋泰樹さんが逝去されました。

oreshika_0820_20111225121406.jpeg

わずかな生の合間に、いろいろなことを悟られた様子。 獅子若さんと同じく1歳7ヶ月。
だいぶ前の修さんの時もそうだったけど、ウチの一族は
女性が豪傑、男性が上人というケースが多いのかもしれない。


1029年3月

選考試合です。
奴に目を付けられてしまいましたので、きっと今回も激しい戦いになるはず。

oreshika_0821.jpeg

お前ら朱点倒しに行けよ・・・ 選考試合マスターとか狙っている場合じゃないよ!
梵ピンかけて未来ちゃんを攻撃してくるのやめてくださいよ!!


1029年4月

雷電五郎様の子供が来たよ! イケメンだよ!!

oreshika_0826_20111225123420.jpeg

ちょっと心配性との噂ですが、イツ花さんいわく「穏やかそう」で済まされるようです。

槍使いにして豪槍吠丸無双をやらせようかとも思いましたが、やっぱり踊り屋で。
オネエ言葉は許可しません。
将之くんという名前にしました。

そして地獄の二丁目へ。
自分の中では、一丁目が賽の河原、二丁目が血の池地獄、三丁目が氷雪針地獄です。

oreshika_0828_20111225123419.jpeg

タコさんを屠って終了。 解放できませんでした。


1029年5月

今月も交神です。 当主の未来ちゃんを飛ばして、元服後の一真くんに。
ここで交神相手をちょっと考えました。 素質点で見ると、

oreshika_0831.jpeg

奉納点30000越えの月光天ヨミ様、光無ノ刑人様の子供がトップをキープし
2年くらい記録が破られていません。
これからの戦いを切り抜けていくためには、どうすべきか。

基本的には奉納点が高い神様のほうが、当然素質の高い子が生まれるわけです。
ただし、神様の数にも限りがあるわけで、上位の神様ばっかり選んでいると
血の交わりが濃くなりすぎてしまう懸念がある。
そこをどうやって切り抜けるか、がPS時代からの俺屍のテーマでした。

今回は・・・

oreshika_0832_20111225123418.jpeg

上諏訪竜穂様です。 4回目ですね。
(考えるのがめんどくさくなったので好みで選びました)
個人的には、神様成長システムと交神のセリフが変わるのは最高の改良点かと思います。

oreshika_0833_20111225123417.jpeg

おお・・・!! 逆鱗に触れても笑って許してくださっている・・・!!

なんかすごく報われた感がします。 なんでかはわかりませんが。
ちなみに、竜の逆鱗は喉元にあるそうです。


1029年6月

赤い火ヒャッハーが久しぶりに灯ったので、血の池地獄で取っていない宝漁り。

oreshika_0836.jpeg

上々の戦果に気を良くしたので、つい気まぐれが起こりました。
亡者砂漠を超えてみようか・・・

タコさんはちょっと前に倒したので、今回は戦うことなく戦力を温存したまま向かえます。
で、行ってみることに。 黄川人くんの歓迎を受けました。

oreshika_0840.jpeg

「知らないことが幸せってことも 世の中にはたくさんある。
 アハハ・・・ だから話したいんだ」


「何も知らないほうが幸せ」というけど・・・ 僕はきっと満足しないはずだから。

ただ、もうそんなレベルじゃないんですよね。 物語の当事者ですよこちとら。
話してもらおうじゃないの!! うすうす気づいているけどさぁ!

「ズバリ言おう!!」

強ネタバレ御免!!
※文字クリックでネタバレ画像表示します

黄川人くんから、物語の根幹に関わる重大事実を聞いたあと、最終決戦の場である修羅の塔へ。
もちろん彼には挑みません。 盗賊団としての本分(?)を満たすだけです。

oreshika_0848_20111225125948.jpeg

時間擦り切りいっぱいまで宝を漁って終了。

心にドでかい荷物を背負ってしまった一族の、帰還の足取りは重いものでした。
宝がいっぱいつまった携帯袋よりもはるかに重いものでした。


それでは皆様、また次回お会いしましょう。

コメント:

コメント:を投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック:

TB*URL

Copyright ©俺屍プレイ日記へっぽこ当主編. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。