俺屍プレイ日記へっぽこ当主編

PSP用ゲーム「俺の屍を越えてゆけ」のプレイ日記です。




--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント:

コメント:を投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック:

TB*URL

2011.12.29

Gentle liberation

皆様、お疲れ様です。

俺の屍を越えてゆけ プレイ日記の第53回目だったでしょうか。

今回もよろしくお願いします。

oreshika_0542_20111219212646.jpeg

人は神となり、神となった人は一族を守る力となってくださるのです。

※大江山クリア前の方は、ネタバレを含んでおりますのでご注意ください
 
1027年3月

4柱目の氏神となった桜子さんの功績はそれだけではありません。

oreshika_0543.jpeg

当主ノ刀に新たな力を宿してくれました。

属性攻撃来た! 真名姫様の力かな? 桜子さんが屠った親玉が多すぎて特定できない。
当主交代劇があると初っ端のイベントが盛りだくさんです。

あ、討伐は恒例の選考試合です。 取り急ぎ優勝してきました。


1024年4月

鳴神小太郎様の子供がやってきました。

oreshika_0545.jpeg

わんぱくでもいい、たくましく育っておくれ・・・

oreshika_0546_20111219212645.jpeg

おお、カッコいい!! しかし7代当主の楓さんに次ぐ自由人フラグ。
諸国漫遊かぁ・・・ 確かに行ってみたいですね。

朱点さえ倒せれば、80日間世界一周でも愛の国ガンダーラでも行ってくるといいよ!
名前は基樹くんに決定。

親であるひかるさんに訓練を依頼します。 人が足りなくなったので、健康度を下げてきた
勇太さんにドーピングしてもらいつつ、討伐に参加頂きます。

oreshika_0550_20111219214401.jpeg

副作用はないと信じたい。


九重楼にいきますよ。
五郎様ズを解放してまいります。 もう九重楼には黄川人家招待券もないし、
ここに来るのはこれで最後かな?

一気に最上階へ。

oreshika_0552.jpeg

いや、もうね。 男性神ではこのお二方が文句なくいちばんだと思いますね。

氷ノ皇子様ももちろん良いですが、五郎様の爽やかなリーダーシップとでもいいましょうか、
侠気と言うか、素晴らしいと思います。
女性陣の人気は氷ノ皇子様もしくは崇良親王様にお任せいたします。

oreshika_0553.jpeg

朱ノ首輪きました。 あとは今までの稽古に敬意を表し、全力ですり潰すだけです。

oreshika_0556.jpeg

我ながら酷い絵がとれたと思います。

戦い終わって、太刀風五郎様、雷電五郎様が、おひとりずつ感想を語ります。

「もう教えることもねぇし、わしらはこれでお役御免だな。 あとはてめェで何とかしな」

「あまり仲間内でケンカすると 上からカミナリ落とすゼ!!」



oreshika_0562_20111219214358.jpeg

( ;∀;) イイハナシダナー


1027年5月

五郎様たちの解放は天界でもビッグニュースだったようで、イツ花さんが直々に
太照天昼子様からのお手紙をもらってきたようです。

oreshika_0565_20111219221609.jpeg

うわぁ・・・


気を取り直して交神です。 こちらからは2代目破壊神、忍ちゃんに出ていただきます。

今回は、先だって解放したこの方

oreshika_0566.jpeg

太刀風五郎様に依頼します。 どうもうまい位置でスクショが撮れないな・・・
素質点は今見えてるバーの倍くらいありますよ! 強い神様ですから!

oreshika_0567.jpeg

槌をぶんぶん振り回して「風神」の異名がつくくらいの子供が理想ですね。

そして、先ごろから体調を崩していた勇太くんがお亡くなりに。

oreshika_0568_20111219221609.jpeg

最期まで闘志あふれる、まさに勇者でした。
健康度的には九重楼への討伐に出すべきではなかったかもしれないですが、
勇太さんには本望だったと思いたい。 ありがとうございました。


それでは皆様、また次回お会いしましょう。

コメント:

コメント:を投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック:

TB*URL

Copyright ©俺屍プレイ日記へっぽこ当主編. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。