俺屍プレイ日記へっぽこ当主編

PSP用ゲーム「俺の屍を越えてゆけ」のプレイ日記です。




--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント:

コメント:を投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック:

TB*URL

皆様、お疲れ様です。

俺屍プレイ日記、第51回となってしまいました。

今回もよろしくお願いします。


oreshika_0470_20111217232223.jpeg

これは姿絵屋からの試練と受け取って良いのでしょうか。

朱点打倒とは別の、もうひとつの戦いが今始まろうとしている・・・

※大江山クリア前の方は、ネタバレを含んでおりますのでご注意ください
 
1026年10月

8代目当主、桜子さんの交神を行います。

先日俺つぶ企画で入手した、紅梅白梅童子様をご指名しようかとも思いますが
今の一族的には双子がちとキツい(紅梅白梅童子様は双子を授ける確率が高い)。

ここは安定した神様を選びます。

oreshika_0468_20111217232223.jpeg

光無ノ刑人様で。

oreshika_0469.jpeg

それはもう、どこに出しても恥ずかしくない美人さんですから!!
どうぞよろしくお願いいたします。


1026年11月

忘我流水道へ討伐に。

いよいよ敦賀ノ真名姫様を解放いたします。
なお、先に報告させて頂きますと、画像がかなり多くなります。
これはどうしようもなく自分勝手なアレなんですが、私 敦賀ノ真名姫様が大好きです。

敦賀ノ真名姫様が大好きです。(大事なことなので2回言いました)

よろしくお願いします(?)。

雑魚の河童を吹き飛ばして真名姫様の元へ。

oreshika_0471.jpeg

「あなたたちって、あの姉弟のこと 何にも知らずに戦っているんでしょ?
 ちょっと かわいそうかもね」


oreshika_0473.jpeg

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! ありがとうございます! ありがとうございます!

そうです。 天界から見たら反体制側にいるものの、本来の真名姫様はとても慈悲深い方。
真名姫様から見たら、事情を知らずに戦っている一族は
哀れな存在に見えたのかもしれません。 力を貸してくれることを約束して下さいました。

oreshika_0474_20111217232216.jpeg

朱ノ首輪来ました。 アヤメの冠(呪)が出たあたり、まだ多少恨みも残っているんでしょうが
そこは見ないことにします。 それが漢です。

いつものように真名姫を耐え、迅速に戦闘終了を目指します。

そして

oreshika_0475.jpeg

「あんたの不器用なとこ けっこう好きだけど、私 裏切るから」
「そのかわり、あんたが負けて ボロボロになったら・・・」


oreshika_0478.jpeg

「そんな感じで伝えといて。 じゃあね、また会いましょ」

つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

高い能力を持って生まれたとはいえ、捨丸さんのことがあったり
お紺さんのことがあったりと、激動の生涯を歩んでいる黄川人。

おそらく、人間に襲われ、捨てられてボロボロになった真名姫様に会った時、
その姿に自分を重ねていたのではないでしょうか。

その献身的な優しさが、真名姫様の心に触れたと思われます。

新たな事実を知るにつれ、何のために戦うのか、ということを考えざるを得なくなります。


そして第2戦、イケメン大将のお時間です。

oreshika_0482.jpeg

この人もぶっちゃけ出した!!

前回は、朱点にまつわる話なんてまったくしてくださらなかったのに、急にコレですよ。
もう勘弁して下さいよ・・・
心のリミッターが擦り切りいっぱいですよ!

「あやつがそこまで念を入れるとは まさか お前たちも同じなのか」

ネタバレ御免!!
※文字クリックでネタバレ画像表示します

隔絶された場所にいる割に、ずいぶんと深いところまでご存知の様子。
黄川人が話したのかな?

そのあと何か勝手に納得しちゃった皇子様は、問答無用で襲いかかってきます。
意外と熱血漢なところもあるようなんですが・・・

oreshika_0486_20111217234657.jpeg

一生に一度は言ってみたいですね。 「恨みはないが、わけあって邪魔だていたす!」
一生使うことがないだろうって言葉の筆頭であることは確実です。

oreshika_0490_20111218001637.jpeg

今回の忘我流水道討伐でいちばんビビったのがここ。

こいつ(下の人)・・・ 動くぞ!?

まさか下の人が皇子を放しなさるとは。 皇子にいたっては下半身見当たらないし。
しかも下の人のゲンコは想像以上に固く、勇太さんの体力を半分持っていきました。
皇子をいつも支えてらっしゃることはある。

前と同じく、攻撃ペースが上がらないうちに梵ピン祭り。 今回は石猿も使いました。

そして終了。 その先にはまだ進みません。


戻ると、壊し屋千尋さんが寿命を迎えておりました。

oreshika_0491_20111218002455.jpeg

・゚・(つД`)・゚・ 最後まで心配してくれてありがとう・・・
一族初の壊し屋、大活躍でしたよ。 開祖様のことは忘れません。


それでは皆様、また次回お会いしましょう。

コメント:

コメント:を投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック:

TB*URL

Copyright ©俺屍プレイ日記へっぽこ当主編. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。