俺屍プレイ日記へっぽこ当主編

PSP用ゲーム「俺の屍を越えてゆけ」のプレイ日記です。




--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント:

コメント:を投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック:

TB*URL

皆様、お疲れ様です。

俺屍プレイ日記、第22回目となります。

今回もよろしくお願いします。

大江山から戻った一族を迎えたのは、悲しい別れでした。

oreshika_0525.jpeg

辛気臭くもなりますよ大地さん(´・ω・`)

※大江山クリア前の方はネタバレを含んでおりますのでご注意ください
 
1021年1月

迎えた新年は、黄川人の圧倒的かつちょっとアレな存在感と大地さんの絶息によって、
思いがけず寂しいものとなりました。

oreshika_0527.jpeg

それはわかりますが、イツ花さんもう少しテンション抑えめでお願いしていいでしょうか。


朱点童子を倒したことで、封じられていた神様がいっきに解放されました。
実に22柱もの大人数。天界は祝いの宴が行われました。

oreshika_0528.jpeg

・・・ゴクリ。

イツ花さんは写真を撮っていなかったようです。 くそっくそっ・・・


今月は慌てず一族の立て直しを図ります。
5人となった一族、最年長は烈火さん(1歳6ヶ月)。

そろそろ交神回数を増やす&神様のレベルも上位狙いで、素質の底上げを検討します。
というかそうしないと今後の戦いを乗り越えていけない・・・。
マジで後半始まったばっかの俺屍は鬼畜です。

そんな訳で、龍樹くんの嫁探しに入ります。

火以外の素質がそんなに高くないという能力を考えると、交神すべきは水神様。
今までよりも高レベルを検討すれば、この方。

oreshika_0533.jpeg

那由多のお雫様です。
奉納点は5万以上ありますが、一族全員の補強分&序盤の戦勝点の稼ぎにくさを考えると
このあたりかなと。(ヘタレです)

oreshika_0534.jpeg

可愛いですね。こちらこそありがとうございます。


1021年2月

いよいよ後半戦突入。
都から出てみると、驚くべき現象が発生します。

oreshika_0531.jpeg

新たな迷宮が3つも出現しました。
忘我流水道・紅蓮の祠・親王鎮魂墓。

それぞれにまた親玉がいるんでしょうね。 くわばらくわばら。
以前の迷宮の親玉もほぼ倒していないことは気にしない。

今回は忘我流水道に行ってきます。

透けなくなった黄川人くんが早速会いに来てくれました。
お喋り好きな彼は、またも一族に大切な話をします(かなり一方的に)。

oreshika_0538.jpeg

朱点童子の中に黄川人が封じられていたことは、神様たちは先刻承知だったこと。
その上で、一族に朱点退治をやらせたというのです。
神様たちの思惑を測りかねつつも、考える余裕を与えず次々語る黄川人。

oreshika_0542.jpeg

朱点童子を倒したときに解放された神様は、黄川人が朱点の中に封印されたときに
道連れにした神様とのこと。
奉納点の高い神様を20柱以上もまとめて道連れにする黄川人の能力に
改めて恐ろしさを感じます。

ブロッケンJrの道連れ地獄はザ・ニンジャを連れていくだけで精一杯だったのに・・・


忘我流水道内部では、黄川人が一族にボーナスタイムをくれたのか
赤い火がバランスよく3つも出る幸せに恵まれます。

鬼どものヒャッハー具合を乗り切り、万屋玄亀様を解放。

oreshika_0547.jpeg

カメェェェッー!!(喜びの叫びです)

この神様は、同じく忘我流水道で手に入る亀系の鎧(名前忘れました)を装備していれば
解放されます。他にも条件あったと思うけど失念。
たぶん装備での条件達成のほうが簡単です。 ありがたい。

加えて巻物を6つも取る快挙。 特に石猿と寝太郎は嬉しい。
華厳・真名姫はまだ一族には手が出ないレベルと推察されます。 あ、石猿もか。
忘我流水道前半で出る巻物取りつくしたか・・・?

その上、決定的瞬間まで発生します。

oreshika_0549.jpeg

奥義来たぁぁあ!!
ついにやってくれました。 その名も連弾弓海。

海くんは我が一族の期待の星です。ありがとう・・・!


我を忘れて浮かれまくっていたところ、金トラ大将&雷鳥の組み合わせに遭遇。
寝太郎ぶちかまされたあと、血火弾&雷電の嵐を浴びてしまいます。

ストップ! ストォォォップ!!!

oreshika_0550.jpeg

何とか止まりました。(金トラさんたちのパッションマジパねぇ
初代当主の悪夢が危うく再来するところですよもう。 まるで成長していない・・・

もちろん撤退です。こんな状態で先に進もうものなら、一瞬で流されることは明白。


それでは皆様、また次回お会いしましょう。

コメント:

コメント:を投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック:

TB*URL

Copyright ©俺屍プレイ日記へっぽこ当主編. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。